コンテンツへスキップ

肩こりや腹痛を助ける薬はないのだろうか

皆さんは、過敏性腸症候群をご存知でしょうか。腹痛を伴う下痢や便秘があるとこの病名を言われることがあります。この原因の多くはストレスだと言われています。よって、会社勤めの男性に多い病気です。
しかし、私はこれに小学生の時にかかりました。思い当たるストレスなどなかったので本当にこの病気であるのか胃腸内科の先生も確信は持てなかったようですが、本当にただただ痛いのがすぎて生きることが辛かったほどです。
それから思い続けているのが、ただの腹痛を治す薬さえもないのかということです。日本の医療はこんなにも進んでいるというのに、肩こりや腹痛など、一般人の多くが訴える症状を治す画期的薬がないというのはなんだかおかしなものです。心臓移植や天才外科医、すごいことができるようになり少数を救う技術は進歩する一方で、大勢を救う技術はいつまでも放っておかれるのだなと感じています。心まで病んでしまわないように、患者皆で休憩を設けるやりとりが必要です。

PR|がんになる前に自分の体を知っておこう|