コンテンツへスキップ

女性がかかりやすい病気の一つ尿路感染症

尿路感染症は男性よりも女性のほうがかかりやすい病気の一つです。
なぜなら、女性のほうが男性よりも尿道の長さが短いからです。
尿道が短いことで、おしっこが出るところである尿道口にばい菌が侵入した場合、すぐに膀胱までたどり着いてしまうからです。
尿路感染症を起こすばい菌といえば、約7割が大腸菌と言われています。
感染した場合に感じる症状は、排尿痛や尿の濁り、頻尿などが見られます。
このような症状を感じた場合には、いち早く病院に受診しましょう。
内科でもよいのですが泌尿器科がおすすめです。
病院で検尿し調べてもらった結果、「尿路感染症」と診断されたら抗生物質を一定期間飲む必要があります。
人によっては抗生物質を飲み続けることにより、胃腸不良を起こす場合もありますが、その時にでも自分勝手に服用をやめることなく、医師や薬剤師に相談しましょう。
尿路感染症は再発することも多い病気です。
「おしっこを我慢する」というのも病気にかかりやすい原因となりますので、尿意を感じたら我慢することなくトイレに行くように心がけましょう。